ホーム > フランクリン・プランナー > フランクリン・プランナーのオリジナルとオーガナイザーを鞄に入れた時の比較

フランクリン・プランナーのオリジナルとオーガナイザーを鞄に入れた時の比較

2011 年 10 月 27 日 コメントをどうぞ コメント

どうも、takaです。フランクリンプランナーのオリジナル(コンパクトサイズ[システム版])と、オーガナイザー(A5サイズ[綴じ手帳版])を実際に鞄に入れた時の感じをまとめてみました。

手帳20111027-001

鞄は安売りの時に買った「GIORGIO VALENTI(ジョルジオ バレンチ)」。上野のアメ横で3000円くらいで購入しました。そんなことはどうでも良いですね。

手帳20111027-006

まずはオリジナルを入れてみました。写真右上に入っています。左側に本を入れていますが、比べると明らかに多くの場所を取っています。

ハッキリ言って、かさばるし他のものを入れにくくなります。オリジナルは機能面では文句なしの一級品なのですが、持ち運びの面ではけっこうな難でした。私はそれが原因で現在はオーガナイザーを使っているのですが。

手帳20111027-004

お次はオーガナイザーを入れてみました。写真右上に入っています。普通の本と変わらない大きさなので、比較的薄めに感じることができます。他の書類や本の邪魔にはなりません。重さは意外とオリジナルとそれほど変わらないのですが、中身の整理、取り出しやすさなどはオーガナイザーの方が一枚も二枚も上手です。ただし、オリジナルよりも機能面では若干劣ります。今の私にはオーガナイザーくらいの機能で十分ですが。

手帳20111027-008

最後に、2つ同時に入れてみました。

左がオーガナイザー、右がオリジナル。比べてみると明らかですが、オーガナイザーの方が鞄にはスマートに収まります。つまり、どこにでも持ち運びやすいです。

このことから、オリジナルはあまり手帳の持ち運びはしないという方におすすめな手帳と言えるかも知れません。会社や家に置いておき、必要な時に使うのも良い使い方ですから。もしくは多くの情報量を管理する必要があり、そちらの方が持ち運びの労力よりも優先度が高いという方でしたら、間違いなくオリジナルをおすすめします。

ということで、もしもフランクリン・プランナーを使いたいとお考え中の方でしたら、持ち運びの面も一つの判断材料にするのも良いと思います。逆に混乱させてしまったら申し訳ないです・・。

最後に

私なりに手帳を使ってきた経験を言えば、手帳を真剣に使っていこうと考えるなら、持ち運びしやすい手帳の方がずっとそばに置いておきやすいし、その結果として早期にパートナーとして成り立つし、情報を一元管理しやすいということは実感しています。

私はオーガナイザーが調度いい(逆にこれ以上はキツイ・・)、ただそれだけのことですが、この問題がなければ10年使い続けたオリジナルを手放しはしませんでした。

手帳の機能性を取るか、機動力を取るか・・。

決めるのは結局のところ、自分の状況次第ということですね。

私は仕事がもっと忙しくなったら、オリジナルに戻そうかとも考えています。こんなゆるい考えで色々と変えていくのも、良いのかも知れませんね。その時に状況次第で、手帳の形も変えていいと思っていますから。

やはり浮気性・・ではなく、柔軟な対応という格好良いセリフで幕を閉じたいと思います。

[スポンサードリンク]

 

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。