ホーム > フランクリン・プランナー > 「人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー完全攻略」の感想、レビュー

「人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー完全攻略」の感想、レビュー

2011 年 10 月 24 日 コメントをどうぞ コメント

いざ、フランクリン・プランナーを使いこなして人生を有意義に!

と勢い勇んでフランクリンを購入しても、かなり多くの方がハマるであろう落とし穴が待ち構えています。それが「価値観」「ミッション」「目標」の作成です。

ハッキリ言いましょう、これら3つの作成はかなり面倒くさいし大変だし頭がヤカンになるしで、あっという間に『適当に済ませたいものNo.1』の座についてしまいます。ええ、私自身も正直言って、今でも若干そう思っています。

ただ、これらを作成した後の変化もまた、目を見張るものがあります。道がぶれない、やるべきことが見える、心から大切なことが見えてくる、つまらない時間がなくなる、充実感を味わえる、パワーが出る、目標の達成に向けて邁進できる、などなど、その破壊力は凄まじいものがあります。

なので、もしもフランクリン手帳を購入したならば、いくら面倒でも「価値観」「ミッション」「目標」は一度は作成してみて欲しいなと思っています。そのための有力なツールとして、「人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー完全攻略」をお勧めしてします。

これはフランクリン・オーガナイザーの使い方が解説されている本です。フランクリンにおける普遍的な考え方・使い方が載っていますので、「価値観」「ミッション」「目標」の設定はこれ1冊で十分対応できます。通常のプランナーを持っている方でも問題ないということですね。

価値観~目標までを作成する道のり

それでは、「人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー完全攻略」を使って「価値観」「ミッション」「目標」の作成をどのように進めていくのかを見てみたいと思います。

「一刻も早く成果を出したい!」という方に向けて、やるべきことのリストを巻頭で紹介しています。「自分らしい生き方をしたい」「将来につながる行動がわからない」などの問いに対して、最短ルートで答えに辿り着くルートを示してくれます。

ただし、個人的な意見としてですが、焦らずにじっくり進めていく方がやはりおすすめだと思います。その方が得てして答えを導きやすい時がありますので、出来るだけ時間をかけて順々に進めていくと良いのかなと思っています。

フランクリン・プランナーを使っていくと「手帳が人生を管理する」という言葉の意味が少しずつ分かってきます。

フランクリンにおける最も基本的な考え方。本書は一貫してこの考え方を元に述べられています。

価値観の作成

自分の価値観を導くための演習を、具体例を見ながら行えます。全く関係ないだろうと思えるような問いばかりですが、答えを出していくことで結果として価値観を導き出すことが出来ています。うーん、上手いものですね。この演習を行っている時は本質を突かれている感じがして、とても不思議で充実した時間を味わえました。

役割の作成

普段、自分が抱えている役割を明確化していきます。予想以上に多くの役割を書き出すことができるでしょう。書き出した役割たちが集まって、私の人格を作っているのです。

ミッションの作成

具体例を見ながらミッションを決めていきます。ミッションとは、自分の人生の法律、基準、規則、生き方のテーマのことです。より具体的に「日々何をしていくかべきか」を決めていきます。

注意点として、これまでの「価値観」「役割」をあまり真剣に考えないで設定した場合、ミッションは自分の本当の目標とずれたところへ行く可能性もあります。つまり、本来自分が行くべき道の隣の道をナビに設定してしまうということです。

ただし、価値観、役割、ミッションはいつでも修正が可能ですので、「何かずれてるな~」と感じたら演習をやり直してみましょう。面倒ですがとても大切なことです。

ちなみにミッションは仕事(プロジェクト)にも応用できます。これはとても生産性があがる可能性を秘めているので、仕事で悩むすべての方に是非ともやってみて欲しいと言える演習です。

目標の作成

ミッションが決まると目標の設定が出来るようになります。

ここまでくると、心がウキウキしてくるのが分かります。苦労の末、たどり着いた者が味わえる蜜の味みたいなものです。変な表現しちゃったな・・。

「俺ってこんなことがしたかったんだよな」ということを、具体的に実現可能なステップに分け、期限を決めて取り組み、実際に叶えちゃおうよ!というのですから、心が躍らない訳がありませんよね。you 叶えちゃいなよ みたいなものです。あれ、またやった?

毎日の計画がとても楽になる

目標が決まれば、あとは週の計画と毎日の計画を決め、実際に行動していくだけとなります。設定する前と後では、毎日のやるべきことに大きな差が出ていることに気付きます。本当に別の道に進みだしたんだなと思う時も多々あります。

決めた目標から逆算して今日の予定を決めるので、毎日の計画立案が非常にスムーズに書き込めるようになります。「今日は何をやろうかな・・。一日の予定が埋まらないな。」なんてことにならなくなるでしょう。逆に、いかに私たちは叶えたいことが多くて、それに費やす時間は有限で大切なものなんだということを思い知るかもしれません。

さて、ここまで来たら作成は完成!・・ではありません。価値観、ミッション、目標は定期的な見直しが必要不可欠です。何故って?自分にとって完璧な価値観、ミッション、目標なんて一生かけて作れるかどうか、もしくは一生かけてそれに近い形を目指すものだからです。

「マジかよ~、面倒くさいな~」と思いますか?でもこれ、やりだすと結構楽しいんです。日々の生活が充実したものに変化していくと、もっといいものに仕上げたいと自然に思ってしまうからなんですよね。

そのためにも本書「人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー完全攻略」は、手元に置いていつでも見直せて、迷った時の道標として活用していきたい本ですね。

その他、本書の豆知識

価値観~目標を作成する時の演習では、そのまま本書やオーガナイザーに書き込まずに、ノートに下書きをしていくのが良いと思います。

というのも、オーガナイザーは価値観などのシートが少ないのです。まずはノートに下書きし、満足いくものが書けたらオーガナイザーに清書するのが良いでしょう。

あと、本書ではプロジェクトシートやミーティングシートなどの解説も載っています。

フランクリン・プランナーを仕事に活用したい方向けに、参考になる具体例付きで解説されています。いまいち活用しきれてないなと感じていたら、一度見ておくのも良いでしょう。

人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー完全攻略

[スポンサードリンク]

 

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。