ホーム > フランクリン・プランナー > フランクリン・プランナー、オリジナルとオーガナイザーの大きさ、重さを比較

フランクリン・プランナー、オリジナルとオーガナイザーの大きさ、重さを比較

2011 年 10 月 18 日 コメントをどうぞ コメント

通常のシステム版フランクリン・プランナーと、綴じ手帳版のフランクリン・オーガナイザーの大きさと重さを比べてみました。

左が通常のプランナー(コンパクトサイズ)、右がオーガナイザー(A5サイズ)です。オーガナイザーの方が少し大きいですね。

ついでに単行本を左に置いて比較。通常のプランナーは漫画の単行本よりも少し大きいくらいの面積を持っています。ちなみに写真の「BAKUMAN」は管理人takaが唯一集めている漫画本です。全然関係ないので話を進めましょう。

オーガナイザーとBAKUMANを比較。さすがにオーガナイザーの方が一回り大きい。A5サイズだしね。オーガナイザーには小さ目のB6サイズもあるので、ちょうど漫画の単行本と同じくらいのサイズのものもあります。

続いて太さの比較。通常のプランナーに比べるとオーガナイザーのスリムなこと・・。倍以上違うように見えます。鞄に入れて持ち運ぶと明確に分かるのですが、このサイズの違いは決定的な鞄スペースの占拠率を生み出します。当然オーガナイザーの方が楽々入ります。通常のプランナーは、鞄が苦しくなるような気さえしてきます。

オーガナイザーと漫画本の太さを比較。オーガナイザーの方がぎっしり書類が入っている感じがしますね。

サンドイッチ状態。訳が分からくなってきたので太さ比較はここで終了。

最後に重さの比較。

通常のプランナー:804g

オーガナイザー:600gジャスト

意外なほど差は少なかったという結果に。

あれれ、持った感じはオーガナイザーの方が倍くらい軽いだろうと思っていたのですが、そうでもないようです。ホントに意外!

でも鞄に入れた時の持ち運びやすさはかなり違うんだけどな。これぞ思い込みの力ってやつなのでしょうか。

何にしても、私は鞄にスッキリとスマートに収まってくれるオーガナイザーの方が、やはり持ち運びやすさでは大きなアドバンテージを持っていると思っています。

手帳の持ち運びやすさ=パートナーとしての時間共有度

に繋がるので、最近はオーガナイザーの方に魅力を感じてしまうんですよね。うーん、システム版には当分戻れなそうな気がしてきたぞ・・。

[スポンサードリンク]

 

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。